×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化粧水の成分1

様々な化粧水がありますが、含まれているものには共通点があります。いずれの化粧水にも、アルコールの一種であるエタノールやグリセリンなどが配合されています。そこに高分子成分、界面活性剤、エキス類、増粘剤などを加えて肌を整える化粧水ができあがります。

化粧水の成分2

化粧水には閉塞性の膜を作り肌をなめらかな状態に保つ成分が必要ですが、これは、コラーゲンやヒアルロン酸の役割です。これらは空気の湿気を集めて肌に水気を与える高分子です。そして肌の保湿効果に優れている、オリーブオイルやホホバオイルを乳化させたものも配合されます。乳化されたオイルも水分蒸発と共に膜となって肌の表面から水分を逃がしにくくします。

化粧水の成分3

グリセリンや、BGなどの多価アルコール類や、ベタイン、ピロリドンカルボン酸Naなど、アミノ酸類マルチトールのような糖類は角質層に浸透します。そこで、水分が蒸発しないよう保ちます。低成分子の成分は肌に浸透する性質がありますが、これらはグリセリンやヘダインなどが相当します。そしてヒアルロン酸や、コラーゲンのような、膜を張って肌の表面に留まる成分が入っています。主にこの2種類によって化粧品はできあがっています。

Copyright © 2007 化粧水の成分について知りたくありませんか?化粧水の成分伝授します。